土地売却のために、不動産業者を通し売り出しを行い、希望者が現れた方も多いと思います。交渉を行い、これで契約を進めることになったという方もいるでしょう。思ったよりも、すぐに買い手が見つかった方もいれば、買い手が見つかるまでに時間がかかったという方もいるでしょう。契約へと進むと、これで売買は無事に終わると安心しているかもしれませんが、契約の段階ではまだ安心出来ませんよ。では、土地売却の売買契約について、ご紹介しましょう。土地売却のため、売り出しを行い、希望者が現れ、お互いが条件に納得いけば、ここではじめて売買契約を行うことになります。まずは、希望者が手付金を支払うことになります。手付金には、いくつかの種類がありますから、事前に業者の方に確認しておくと良いでしょう。契約を一度結ぶと、簡単に解除することは出来なくなります。しかし、万が一建物などがある土地売却をする際、建物などにトラブルがあることを後々知った場合には、解約が可能となります。また、瑕疵担保責任がある場合には、期間が定められることになりますから、その期間内の瑕疵責任があることを忘れてはいけません。このように、土地売却のために売り出しを行い、希望者との交渉もスムーズに進んだ場合には、売買契約を結び、手付金などの支払いが行われることになります。しかし、この売買契約時はまだ全ての手続きが終わっていませんから、安心しないようにしましょう。

サブメニュー

ページの上部へ